浮気調査の費用・料金相場

浮気調査の費用・料金相場

スーパーでの買い物とは違って、探偵事務所での調査費用は、その事務所が自由に決めることができます。その結果、それぞれ全く異なる費用設定方法を採用していて、それぞれメリット、デメリットが見つかります。

 

何に費用が発生しているのか

探偵事務所で働く調査員、探偵に対しての時給が基本になるようですが、そこへ使用した機材、車で追跡するといくらなど、発生した様々な料金を調査費用として乗せる必要があります。これら全て、あるいはほとんどを当初から考慮して、全てを「時給換算」で請求する事務所もある一方で、安めの時給設定の上に、実費を乗せていく探偵社、興信所もあります。

 

この実費部分は電車の切符代、撮影機材の使用費など、調査に必要だった経費のどこまで細かく乗って来るかが重要です。見積もりに以外の調査が必要になれば、当初は「格安」だと思っていても結局は高額になってしまう場合も。しっかりと把握する必要があります。

 

このほか探偵事務所では成功報酬と言う料金形態もあります。しかし浮気調査の性質上、これには問題が生じます。成功しなかったら料金は支払わなくて良いため、そもそも高めに金額設定する必要があります。加えどの程度で成功か、本当に対象人物が浮気をしているかなどは根本的な大問題です。浮気調査の場合は、不自然な料金方式と言える理由です。

 

目的とそれを達成するための価格

まず目的が何かを考えてみましょう。そしてそれを手にするためには何が必要か、と言う部分で、探偵の力を借りるのです。そこに費用がいくら必要か、と言う点を考えます。

 

調査員ひとりの1時間当たりの相場は5000円〜2万円。高いほど良く、格安では証拠も安い成り…と言う問題ではないようです。一つ言えるのは、良心的な探偵社はきちんとした報酬形態を持っていて、明細が明確です。この点は見積もりも同様と考えられるでしょう。

 

自分であれこれ探したり調べて、ある程度まで浮気、不倫の状況が分かっている場合、探偵事務所へ望む「成功」は「浮気現場」のみとすることができます。もし次にいつどこで会うかが分かっていれば、一日のみ、浮気の前後だけ調査してもらうことも可能かも知れません。となれば、5〜6時間に集中して費用をつぎ込むことができ、5万〜10万円程度でも浮気調査が可能になるケースもあります。

 

手がかりがあまりない場合は、長時間の追跡調査が必要になるかもしれません。1週間で50〜100万円くらいから、そういった生活パターンからの浮気調査が可能でしょう。調査期間に浮気をしていれば、証拠を得ることができます。しかしこの期間には証拠が取れなくても、これによって行動パターンなどが分かれば、あとは目星をつけた時間帯に絞って、と言う方法へ移行することも。

 

浮気調査の内容も、料金も、要相談です

会社によっては、「まとめて割引」とか「調査員2名×30時間パック」など、お得なセット料金があったり、「使える費用がいくら」と決まっていれば、可能な限りの調査について提案してくれるケースもあるでしょう。

 

浮気調査の目的は何か、持っている情報でその目的へあとどのような証拠が必要かなど、実際に状況を見てもらい、話を聞いてもらわなくては分からないことも多いです。その会社が信頼できるかも判断が付きやすくなりますので、是非お話をしてから依頼を決めましょう。

 

⇒低価格でコスパに優れた浮気調査の探偵社一覧