浮気調査の内容とは?

浮気調査の内容とは?探偵の資格や権限・法律違反リスクなど

探偵と、浮気調査の場合の調査内容について調べると、本当にたくさんの探偵事務所が見つかります。警察などと異なり、彼らには捜査権はありません。「民間人」なので、刑事事件には手を触れることもできません。民事事件にのみ、何の資格、権限も持たず、知識と経験と能力で協力してくれるのが探偵です。「探偵業届出証明書」が事務所に掲示されていることが一つ、探偵業務を裏付けるものです。

 

探偵ってなにする人?

探偵事務所や興信所などを「調査会社」とに言う事があります。調査内容としては浮気調査が多く、その他にも多種の調査をしています。尾行や隠し撮りをこなす一方で、電話を使った調査やデスクワークなど、静かに業務をこなすことも。

 

浮気調査の場合は、依頼人の希望に適う情報を得るため、専門知識や経験、ノウハウを生かしての調査を行います。自宅や調査対象がいる時に取るべき行動や依頼人自らができる調査方法、対象人物が取って怪しい行動と過去事例を考え合わせて、どうすると必要な証拠が取れるかなど、様々に相談に乗ってくれるところから始まり、実際に浮気現場や相手を特定する場合は追跡、張り込みなどの実行動も代行してくれます。

 

頑張れば自分でもできるんじゃ…

もちろん、対象人物の近くにいるからこそ得られる調査内容もあります。様子を伺ったり勘を働かせたり、対象の行動から意味を見出したり。探偵にはできない調査は自分で行うことで、より行動の予測が正確になったり調査の助けにつながり、費用が抑えられることにもつながります。

 

推理マニアであれば経験があるかも知れませんが、一般的に尾行をしたことがある人がどれだけいらっしゃるでしょうか。怪しまれずに跡をつけるテクニックの多くは、経験に基づくでしょう。

 

特に「バレずに浮気調査したい」場合は、調査対象と面識がない調査員が追跡することで、かなりリスクが減ります。遠くから写真を撮らなくても良く、鮮明な画像が得られるなど、「他人」が調査するメリットは大きいものです。

 

逆に訴えられるなんてこと…

例えば浮気調査なども、度を越えれば犯罪です。対象人物あての手紙を勝手に開けて見たり、不倫相手のアパートへ許可なく侵入したり。ちょっとドキッとしますが相手のスマホを覗くのも、場合によって法律に触れる可能性があります。メールや通話履歴を見たくて、こっそりのぞいたことがある方も多いのでは?

 

知らずに法に触れた調査をし、調査内容からその方法が特定され、違法性が認められて…と言う最悪の事態も現実にあります。探偵社なら「知らずに違法手段を用いてしまう」心配はありません。結果としてリスク回避できるからこそ、利用する方も多いのです。

 

⇒法律に遵守・認可されている安心興信所リスト