浮気調査探偵.jp

夫(妻)が浮気をしているかもしれない・・・と感じた際、あなたはどうしますか?

浮気についての悩みは、誰かに相談したくてもなかなか人には言えないもの。この先どうしたら良いのかと、一人で悩み続け気分が落ち込み鬱症状を発症したり体調を崩したりしてしまう人もいるようです。

パートナーの浮気を感じた時、子どもためにも今の生活は壊したくないからと、相手を問いただすこともしないという方もいるかもしれません。しかしそのような場合、しばらくして相手から離婚を切り出される可能性もあり、離婚を切り出されてから浮気調査を開始しても浮気の裏付けとなる証拠を得るのは難しいでしょう。

「ただ、自分さえ我慢すれば」、と何も行動をせずにいることが、自分や子どもの生活を守れるわけではないのです。

浮気の解決方法の選択肢

友人や知人への相談

単純に悩みを聞いてもらいたいという場合は、友人や知人への相談がおすすめです。

誰かに聞いてもらうと、頭の中が整理できたり、少しはストレスも解消されます。

もし、信頼できる友人や知人なら、親身になって話を聞いてくれるでしょう。

ただし、浮気の事情や状況は個々で異なるので、アドバイスは参考程度に受け止めた方がよい場合もあります。

友人や知人への相談によって浮気を解決させられる可能性は残念ながら低いでしょう。

カウンセラーや占い師への相談

資格を有したカウンセラーや占い師へ相談をすることで、不安による心への負担を軽くすることができます。情報が他人に漏れる可能性も低く、夫婦問題について改善に向けてのアドバイスや、自分がどうしたいのかについて客観的に判断をしてもらえるかもしれません。

しかし、夫婦仲の改善についてのアドバイスを受けられても、実際に浮気をしているかを確認することはできません。

探偵事務所や興信所への相談

探偵事務所や興信所と聞くと、ドラマなどで事件を解決するイメージを持たれる方もいるかもしれません。

しかし、個人のお客様が探偵事務所へ依頼する調査で最も多いのが「浮気調査」です。

探偵事務所では、浮気調査によって浮気の事実や浮気相手の情報収集、そして訴訟となったときの証拠を得ることができます。

また、対応が丁寧な探偵事務所を選ぶことで、相談者の心のケアにも役立つでしょう。

パートナーの浮気について、その先の現実にしっかりと向き合い、対処していくために最も有効な手段だと言えるでしょう。

浮気調査について知っておきたいこと

浮気調査探偵.jp

後悔しないための「浮気調査」とは?

浮気調査について知っておきたいこと

パートナーの浮気に関して、「浮気しているかも?」「ただの思い過ごしかもしれない」というあなたの悩みに対し、親身になって寄り添い、未来を見据えてしっかりと浮気調査を行ってくれる探偵事務所は、頼もしいかぎりです。

しかし、ひとえに「浮気調査」といっても、探偵事務所によってその質や対応は異なります。浮気調査は非常にデリケートであるだけに、浮気調査で後悔しないように、しっかりと浮気調査に関して知っておくべきことは押さえておきたいものです。

浮気調査で大切なこと

浮気調査をパートナーに気付かせない

浮気調査で最も大切なことは、浮気調査について調査対象となるパートナーや、浮気相手に知られないようにすることです。なぜなら、もし浮気の事実がなかった場合、あなたが浮気を疑い浮気調査を行うことで、関係性が悪化してしまう可能性があるからです。

浮気調査では、調査対象者は生活を共にするパートナーが多いですが、あなたが浮気調査中も何事なく普段通りの生活を続け、浮気調査を行う探偵も浮気調査に慣れている探偵を選ぶ必要性があります。

<浮気調査は自分でもできる?>

なかには自分でも浮気の事実を調べられるかも?と、自ら浮気調査を行おうとする方もいらっしゃいます。
 
しかし、素人が行う浮気調査は、いくら慎重に行っても相手にバレてしまう可能性が高く、浮気調査をしていることに気づかれると、浮気の証拠を消されたり、浮気現場の情報もつかみにくくなったりしてしまいます。
 
隠れて証拠を探ろうとするなかで、相手の持ち物から情報をこっそり入手しようとした行為に対して、たとえ夫婦でもプライバシーの侵害として損害賠償請求される可能性もあるので注意しましょう。

浮気証拠の有効性について知っておく

浮気に関して訴訟となった際に、どのようなものが証拠として有効なのかご存知でしょうか?

SNSでの「好き」というメッセージのやり取りは、裁判で証拠となるでしょうか?

自分でリスクを背負って集めた浮気の証拠だけでなく、探偵事務所に浮気調査を依頼して得た証拠も、浮気調査を依頼する探偵事務所を間違えると証拠として裁判では有効とならない可能性もあります。

訴訟によってパートナーや浮気相手に慰謝料の請求や離婚での財産分与について相応分を請求するためには、浮気調査において裁判で有効となる浮気証拠を入手する必要があります。

浮気調査中に、たとえパートナーが浮気相手とホテルへ入る現場を押さえても、人物が特定できるだけの鮮明な写真がなければ、証拠として不十分だと判断されてしまいます。

ホテルへ入る瞬間に、夜間の人混みのなかで鮮明な写真を撮影するためには、浮気調査に人並みならぬ技術や専用機器が必要だということは、誰でも想像できるでしょう。

浮気調査の調査方法

浮気調査とは、依頼者からの相談を受け、依頼者からの情報提供を踏まえて調査を行うことで、浮気調査対象者の浮気の事実を確認し、その証拠を得る調査です。

浮気調査によって得た証拠は、浮気調査終了後に「調査結果報告書」として浮気調査中に得た映像などと一緒にお渡しします。

浮気調査の調査方法として最も多いのは、「尾行調査」や「張り込み調査」です。浮気調査の対象者が勤務先や自宅などから出てくるのを張り込み、浮気調査対象者の行動を尾行して向かう先や会う相手などについて調査を行います。

浮気調査では、事前に依頼者から得た情報に応じて、最も効率よく証拠が得られるタイミングや手段をとり、必要に応じて「聞き込み調査」を行うこともあります。

探偵であることを気づかれないよう、特に細心の注意を払って浮気調査は進められていきます。

浮気調査では探偵選びに注意しよう! 探偵選びのポイント

浮気調査を成功させるためには、探偵選びが非常に重要ですが、浮気調査を依頼しようとした際、知人などからの探偵事務所の紹介を受けることもできず、どこの探偵事務所を選んだらよいのかわからない、という方も多いようです。

浮気調査では、しっかりとポイントを押さえて探偵選びを行うことが大切です。

浮気中の人にはこんな兆候がある

浮気を疑うきっかけはご家庭によりさまざまですが、多くの方は「なんだか違和感がある」「急に態度や服装が変わった」といった“兆候”を感じ取っているのではないでしょうか。

浮気をしている人には、生活の変化などの共通点があります。

以下に多くあてはまるようなら、少し危険かもしれません。

・スマホを常に手放さない
・休日になると外出して夜遅くに帰宅する
・服装、髪型の雰囲気が変わった
・「今日の予定は?」など、行動をしつこく把握しようとする
・クレジット明細を見せなくなった
・金遣いが荒くなった
・急に部屋や車をこまめに掃除するようになった
・夫婦共有車の中に知らない小物類が追加されている
・急に冷たくなった(またはやけにやさしくなった)

浮気をして新たな相手と恋愛を楽しんでいる人は少なからず浮かれており、ボロを出すことが多いです。上記のチェックリストに当てはまるケースも多々あるでしょう。

しかし浮気の常習犯ほどボロを出さぬように浮気を繰り返します。そうなると、こちらは日常の小さなほころびから浮気に気付くことが難しく、当然証拠をつかむのも困難となるでしょう。

「浮気かも……?」と思ったら、解決に向けて行動を起こすことをおすすめいたします。

浮気の解決前に決めておきたいこと

浮気を疑っている段階から「確信」へと変わったとき、浮気をされた側としては『どうしたいのか?』を考えることが大切です。

  • 慰謝料を請求するのか? しないのか?
  • 離婚をするのか? しないのか?
  • 離婚するとしたらいつ?
  • 離婚しないとしたらどうやり直すのか?

浮気が分かった時点では、辛く悲しい気持ちになられていると思います。よってご自身がどうしたいのかを考える余裕すらないかもしれません。

パートナーに対し裏切られた、許せないといった感情を持つ方や、失望、無関心になられる方もいらっしゃるでしょう。

しかし、重要なのは「自分がどうしたいのか」です。

ご自身の悲しみ、苦しさをまっすぐ受け止めたうえで、今後どうしていきたいのかを一度考えてみてください。

未来をどのように過ごしたいのかによってすべきことが変わってきます。特に、パートナーや浮気相手に慰謝料を請求したい場合は、法的な浮気の根拠も必要になるでしょう。

またお子さんがいらっしゃって離婚をしたい場合、生活の変化や経済状況の変化などについても考えることになります。

ご自身にとって何がベストなのかを考えたうえで、「浮気の解決方法」についても考えてみましょう。

浮気の解決方法の選択肢

浮気の解決方法は人によってさまざまです。

ただ、友人・知人やカウンセラー、占い師への相談はあくまでも「ご自身の心を癒し、整理するためのもの」と考えた方がよいでしょう。

「浮気の証拠を掴みたい」「浮気の事実を明らかにしたい」とお考えであれば、探偵や興信所への相談がもっとも手っ取り早く、確実だといえます。

友人や知人への相談

単純に悩みを聞いてもらいたいという場合は、友人や知人への相談がおすすめです。

誰かに聞いてもらうと頭の中が整理でき、少しはストレスも解消されます。

信頼できる友人や知人なら、親身になって話を聞いてくれるでしょう。

ただし、浮気の事情や状況は個々で異なるので、アドバイスは参考程度に受け止めた方がよい場合もあります。

友人や知人への相談によって浮気を解決させられる可能性は残念ながら低いでしょう。

カウンセラーや占い師への相談

資格を有したカウンセラーや占い師へ相談をすることで、不安による心への負担を軽くすることができます。情報が他人に漏れる可能性も低く、夫婦問題について改善に向けてのアドバイスや、自分がどうしたいのかについて客観的に判断をしてもらえるかもしれません。

しかし、夫婦仲の改善についてのアドバイスを受けられても、実際に浮気をしているかを確認することはできません。

探偵事務所や興信所への相談

探偵事務所や興信所と聞くと、ドラマなどで事件を解決するイメージを持たれる方もいるかもしれません。

しかし、個人のお客様が探偵事務所へ依頼する調査で最も多いのが「浮気調査」です。

探偵事務所では、浮気調査によって浮気の事実や浮気相手の情報収集、そして訴訟となったときの証拠を得ることができます。

また、対応が丁寧な探偵事務所を選ぶことで、相談者の心のケアにも役立つでしょう。

パートナーの浮気について、その先の現実にしっかりと向き合い、対処していくために最も有効な手段だと言えるでしょう。

探偵事務所・興信所へ浮気調査を依頼するメリット

先述のとおり、探偵事務所・興信所へのご依頼でもっとも多いのは「浮気調査」です。

探偵事務所や興信所の浮気調査では、ターゲットを尾行し、浮気の事実がわかる証拠(ラブホテルなどの宿泊施設への出入り写真、映像など)を入手します。証拠データは行動を記録した調査報告書と共に、ご依頼者様へお渡しする流れです。

探偵・調査員へ浮気調査をご依頼いただく場合、調査費用のご負担が発生します。またターゲットの“浮気・不倫をするサイクル”に合わせた調査となるため、場合によっては想定されているよりも多くの期間がかかるケースもあるかもしれません。

(たとえば、数ヶ月に1回の遠方への出張の際に、相手と密会しているような場合はこれにあたります)

ここまで読むと「自分で浮気調査したほうが早いしお金もかからないのでは?」と思われるかもしれません。

しかしながら、浮気調査をプロにご依頼いただくと、皆さんが考える以上にさまざまなメリットが得られるのです。

・浮気や不倫の事実をハッキリさせられる
・パートナーや相手に浮気調査していることがバレない
・自分で時間やお金を割いて浮気調査をする必要がない
・自分で浮気調査をするより精神的ストレスが少ない
・短期間で効率的に証拠を集められる
・“法的根拠のある証拠”が入手でき、離婚交渉、調停で優位に立てる
・パートナーや浮気・不倫相手へ慰謝料請求ができる
・財産分与、養育費交渉に役立つ

浮気や不倫の事実をハッキリさせられる

探偵事務所や興信所の浮気調査では、ターゲットの「行動」「行先」「会った相手」を尾行によって明らかにしていきます。

たとえば、『パートナーが誰かと親しげに話している』などの「場面」を切り取って見ても、単に仕事相手と会っているだけなのか、浮気相手と会っているのかは判別が難しいでしょう。

特に、仕事帰りに人と会っている場合、単に取引先の人と話していただけ……という可能性もあります。

しかし、探偵・調査員は対象者の行動や立ち寄り先を「流れ」で観察します。

外ではビジネスライクにふるまっていても、最終的にラブホテルや相手の家などに入っていったとしたら、それは浮気の決定的な証拠になる可能性が極めて高いでしょう。

「相手の家で飲んでいただけ」と言い逃れをしようとも、夜に入って朝帰り……ということが何度も続けばどうでしょうか。状況と写真・映像から不貞行為(性交渉)があったと判断できれば、ターゲットは言い逃れられなくなります。

浮気の事実を証拠として手に入れられるのは、探偵にご依頼いただく最大のメリットでしょう。

パートナーや相手に浮気調査していることがバレない

探偵に浮気調査をご依頼いただくと、パートナーや浮気(不倫)相手に調査をしていることがバレにくくなります。

中には尾行に敏感なターゲットもいますが、探偵は細心の注意を払いながらプロの技術で尾行・撮影を行いますので、バレてしまう心配はご無用です。

パートナーの浮気を暴こうと、ご自身で浮気調査に乗り出す方は決して少なくありません。特に最近はSNSやLINEなどのメッセージアプリを使った浮気がほとんどですので、「スマホのロックさえ解除すれば尻尾を掴める」と思われる方も多いでしょう。

また、パートナーが浮かれて外出したため、「こっそりと後をつけて証拠を掴んでやる」という方もいらっしゃいます。

しかしこれらの行為は相手の警戒を強めてしまうリスクがあるため、探偵としてはおすすめできません。

警戒したターゲットは油断して尻尾を出さなくなってしまいます。そうなれば、ますます手がかりがつかめないようになり、探偵にご依頼いただいた場合であっても調査が難航する可能性もあるのです。

調査は長引けば長引くほどかかるコストも多くなってしまうため、あえて油断させておいてプロの探偵にご依頼いただくことをおすすめします。そのほうが結果的に最小限のコスト・労力で浮気の証拠を掴みやすくなります。

自分で時間やお金を割いて浮気調査をする必要がない

ご自身で探偵なみの浮気調査をしようとすると、時間もお金もかかります。たとえば「尾行してホテルに出入りするところを写真に収めたい」と考えた場合、尾行のための変装グッズや交通費などがかかるでしょう。相手の顔が判別できるクオリティの写真・映像を撮ろうと思えば、ある程度高性能な暗視対応カメラも必要ですよね。お子さんがいらっしゃるなら預け先を探す必要もあるでしょうし、保育園等に預けるのならその分の費用もかかります。

また実際にホテルに入るまでに時間がかかれば、調査日数分の交通費等の諸費用が必要です。ターゲットがレジャー施設などに入った場合は、見失わぬよう自分も一緒に入らなければなりません。

こうして時間とお金をかけて、運よく証拠を押さえられたのならばラッキーです。

しかし実際には、時間とお金をかけて尾行したとしても、得られるものがなかったり、撮った証拠が不鮮明で浮気の証明ができなかったりするケースも少なくないのです。

多くのコストを払って徒労に終わるよりは、経験も知識も豊富なプロにお任せいただいた方が無駄もないといえます。

自分で浮気調査をするより精神的ストレスが少ない

探偵や興信所に浮気調査を依頼すると、精神的ストレスを最小限に抑える効果もあります。

「自分で浮気調査をする」というと簡単な気がしてきますが、実際には大きな精神的ストレスを受けます。

浮気の証拠をつかむということは、パートナーが別の人と性交渉しに行っているシーンを、現場の出入りを含めて目の当たりにしなくてはならないからです。

またそれ以外にも、仲睦まじい様子を見ながら尾行をすることになるため、よほど精神的にタフな人ではないかぎり相当のダメージを負います。

そもそも、浮気を疑っている時点であなたのストレスはかなりのものとなっているはず。中にはストレスによって大きく体調を崩してしまう方もいらっしゃいます。

余計なストレスを溜めないためにも、浮気調査をしたい場合は探偵事務所や興信所へご相談なさることをおすすめします。

短期間で効率的に証拠を集められる

探偵事務所や興信所で行う浮気調査は、ターゲットの行動パターンを把握し、ピンポイントで行われます。

よって調査開始から証拠をつかむまでの期間が短く、効率的に証拠集めができるのです。やみくもに浮気調査を行うのに比べると、時間もお金も最小限で済ませられます。

“法的根拠のある証拠”が入手でき、離婚交渉、調停で優位に立てる

“法的根拠のある証拠”とは「不貞行為が行われたことが客観的事実としてわかる写真・映像」のことです。

具体的には、ラブホテルへ2人で出入りしている写真・映像などがこれにあたります。

探偵に依頼してこのような写真・映像と調査報告書を揃えておくと、裁判で「不貞の事実があった」と認められるため、こちら側が有利にことを進められるのです。また調停までいかなかった場合でも、離婚等の交渉で優位に立てるようになります。

よくある話ですが、浮気をした側は夜間撮影した証拠写真に対し「これは自分ではない、別の人だ」と主張し、浮気を認めないケースがあります。

しかし探偵は暗所での撮影にも長けているので、顔がばっちり映った写真・映像を記録可能です。判別ができるぐらい顔がしっかりと映っていれば、「不鮮明だからこれは自分ではない」といった言い逃れもできません。

浮気をしたパートナーや浮気相手に制裁を食らわせたいなら、確実な証拠を突き付けてやるのが一番です。

パートナーや浮気・不倫相手へ慰謝料請求ができる

浮気の証拠を手に入れる目的としては「慰謝料を請求したい」という理由もあるのではないでしょうか。

浮気をされた側の精神的な苦痛は相当なものです。「浮気の代償としてせめてお金だけでも支払ってもらいたい」というお気持ちも痛いほどわかります。

浮気をされてその後別れるか、再構築するかはご依頼者様のご判断になりますが、いずれの場合も慰謝料の請求を考えるのは自然なことだと思います。

探偵事務所・興信所の浮気調査で得られる「動かぬ証拠」があれば、慰謝料請求のハードルも大きく下がるでしょう。

また、浮気相手の勤務先も一緒に調べ上げておけば、相手の勤務先に「慰謝料請求の内容証明」を送付することも可能です。

財産分与、養育費交渉に役立つ

浮気をされた結果、離婚を決意した場合には「財産分与」「子供の養育費の決定」といった決め事が発生します。実は浮気調査の証拠は、これらの交渉においても大きな武器となるのです。

お子さんが巣立っていくまで育て上げるには、多くの費用が必要なのが現実です。お子さんの親権を持つ側が少しでも多くのお金を確保するためには、離婚時の話し合い、交渉が重要になります。

さらに、離婚が難航した場合は離婚調停、離婚裁判へと発展することもあります。いずれの場合も、浮気の証拠を持っている側が優位になるでしょう。

浮気調査は「離婚したくない方」にも有効

浮気調査と聞くと「証拠をつかんで慰謝料を取り、離婚するためにするもの」と思われている方も多いでしょう。

しかし実際には「離婚はしたくないけれど浮気の事実だけ突き止めてほしい」というご依頼も多く見られます。

その理由としては「お灸を据えるため」「離婚したいとまでは思わないが浮気相手に慰謝料を請求したい」など、さまざまです。

また、浮気調査の結果、浮気の事実を記録した証拠を得ると、有責配偶者(浮気した側)からの離婚請求を拒否(棄却)できます。

日本の法律では原則として、有責配偶者から離婚請求をすることが認められないためです。

浮気調査は「別れるため」だけでなく、「別れないため」にもご活用いただけることをぜひご承知おきください。

浮気調査について知っておきたいこと

パートナーの浮気に関して、「浮気しているかも?」「ただの思い過ごしかもしれない」というあなたの悩みに対し、親身になって寄り添い、未来を見据えてしっかりと浮気調査を行ってくれる探偵事務所は、頼もしいかぎりです。

しかし、ひとえに「浮気調査」といっても、探偵事務所によってその質や対応は異なります。浮気調査は非常にデリケートであるだけに、浮気調査で後悔しないように、しっかりと浮気調査に関して知っておくべきことは押さえておきたいものです。

浮気調査で大切なこと

浮気調査をパートナーに気付かせない

浮気調査で最も大切なことは、浮気調査について調査対象となるパートナーや、浮気相手に知られないようにすることです。なぜなら、もし浮気の事実がなかった場合、あなたが浮気を疑い浮気調査を行うことで、関係性が悪化してしまう可能性があるからです。

浮気調査では、調査対象者は生活を共にするパートナーが多いですが、あなたが浮気調査中も何事なく普段通りの生活を続け、浮気調査を行う探偵も浮気調査に慣れている探偵を選ぶ必要性があります。

<浮気調査は自分でもできる?>

なかには自分でも浮気の事実を調べられるかも?と、自ら浮気調査を行おうとする方もいらっしゃいます。
 
しかし、素人が行う浮気調査は、いくら慎重に行っても相手にバレてしまう可能性が高く、浮気調査をしていることに気づかれると、浮気の証拠を消されたり、浮気現場の情報もつかみにくくなったりしてしまいます。
 
隠れて証拠を探ろうとするなかで、相手の持ち物から情報をこっそり入手しようとした行為に対して、たとえ夫婦でもプライバシーの侵害として損害賠償請求される可能性もあるので注意しましょう。

浮気証拠の有効性について知っておく

浮気に関して訴訟となった際に、どのようなものが証拠として有効なのかご存知でしょうか?

SNSでの「好き」というメッセージのやり取りは、裁判で証拠となるでしょうか?

自分でリスクを背負って集めた浮気の証拠だけでなく、探偵事務所に浮気調査を依頼して得た証拠も、浮気調査を依頼する探偵事務所を間違えると証拠として裁判では有効とならない可能性もあります。

訴訟によってパートナーや浮気相手に慰謝料の請求や離婚での財産分与について相応分を請求するためには、浮気調査において裁判で有効となる浮気証拠を入手する必要があります。

浮気調査中に、たとえパートナーが浮気相手とホテルへ入る現場を押さえても、人物が特定できるだけの鮮明な写真がなければ、証拠として不十分だと判断されてしまいます。

ホテルへ入る瞬間に、夜間の人混みのなかで鮮明な写真を撮影するためには、浮気調査に人並みならぬ技術や専用機器が必要だということは、誰でも想像できるでしょう。

浮気調査の調査方法

浮気調査とは、依頼者からの相談を受け、依頼者からの情報提供を踏まえて調査を行うことで、浮気調査対象者の浮気の事実を確認し、その証拠を得る調査です。

浮気調査によって得た証拠は、浮気調査終了後に「調査結果報告書」として浮気調査中に得た映像などと一緒にお渡しします。

浮気調査は尾行・張り込みが基本

浮気調査の調査方法として最も多いのは、「尾行調査」や「張り込み調査」です。浮気調査の対象者が勤務先や自宅などから出てくるのを張り込み、浮気調査対象者の行動を尾行して向かう先や会う相手などについて調査を行います。

浮気調査では、事前に依頼者から得た情報に応じて、最も効率よく証拠が得られるタイミングや手段をとり、必要に応じて「聞き込み調査」を行うこともあります。

探偵であることを気づかれないよう、特に細心の注意を払って浮気調査は進められていきます。

尾行は技術のある探偵・調査員でないと成功しにくい

尾行や張り込みをするには、経験と技術の両方が必要です。

・相手に気付かれない距離、つかず離れずでついていく

・相手を見失わないよう常に姿を捕捉する

・気配を消し、自然に周囲の景色へ溶け込む

・暗所でも鮮明な証拠写真・映像を撮影する

文字で書くと簡単に感じますが、実際にはかなり難しい技術です。

「つかず離れずでついていく」というのは、相手を見失わず、かつ相手に気付かれない距離で移動を続けるということです。

相手が徒歩であれば歩くスピードに、車やバイクであれば適度な走行位置で相手に「つけられている」と勘付かれないよう追いかけなくてはなりません。

こうした技術は一朝一夕で身に付くものではなく、長年の経験・技術・カンがないと難しいでしょう。

また、盲点になりやすいのが「周囲に溶け込む」という点。

そもそもご依頼者様のように、ターゲットと普段一緒に暮らしている方が尾行をすると、相手からどうしてもバレやすくなってしまいます。カンペキに変装した、と思っていても、実際には顔を知られているので、警戒したターゲットにバレてしまう可能性が非常に高くなります。

探偵はターゲットに顔を知られておりませんし、調査場所にいても不自然にならないいでたちで浮気調査を進めます。よって、ターゲットにバレてしまう可能性はかなり低いとお考えいただいて大丈夫です。

探偵は2人1組で浮気調査を行う

探偵事務所ではターゲットを見失わぬよう、基本的に2人1組で尾行を行います。立ち寄り先によっては出入り口が複数あり、1人のみで見失わないよう尾行するのには限界があるからです。

2人体制でターゲットを尾行・張り込みすることで、張っていた側と反対の出口からターゲットが逃げてしまった……といったミスも防げます。

駅での待ち合わせや商業施設、テーマパークでのデートなどをしている場合は、複数名での調査が非常に効率的、かつ有効な手段となります。

また、ターゲットが女性の場合、女性探偵が同行しますのでご安心ください。

女性しか入れない女子トイレや、男性が入ると違和感が大きい下着売り場などにおいても、自然な状態で尾行を継続できます。

反対に男性のみが利用するような場所・店舗においては、男性探偵がさりげなく潜入、尾行を行います。

浮気調査では探偵選びに注意しよう! 探偵選びのポイント

浮気調査を成功させるためには、探偵選びが非常に重要ですが、浮気調査を依頼しようとした際、知人などからの探偵事務所の紹介を受けることもできず、どこの探偵事務所を選んだらよいのかわからない、という方も多いようです。

浮気調査では、しっかりとポイントを押さえて探偵選びを行うことが大切です。

<浮気調査の探偵選びのポイント>

1.浮気調査を専門としていること
2.丁寧で信頼できること

浮気調査を専門としていること

浮気調査はデリケート、かつ、技術や経験を要する調査です。

浮気調査に力を入れていない探偵事務所を選んでしまうと、しっかりとした調査をしてもらえなかったり、証拠の有効性が不足して、訴訟の際に再度別の探偵事務所へ浮気調査を依頼しなければならないという可能性があるので、必ず浮気調査に強い探偵へ依頼することが大切です。

丁寧で信頼できること

浮気調査の依頼を考えた時、探偵事務所への相談から始まりますが、相談の際の対応が丁寧かどうかをしっかりと見極めましょう。

実際に浮気調査を依頼する前に明瞭な見積もりの提供があるかどうか、浮気調査についてのスケジュールや手段について丁寧な説明があるか、などもチェックします。

浮気調査を依頼する際は、個人情報の提供を伴います。個人情報の取り扱いはもちろんのこと、調査中の電話でのやりとりや、浮気調査終了後のサポートなどについても、信頼できる探偵であることが重要となってきます。

パートナーの浮気は、のちに離婚や慰謝料などの問題に発展するケースが多く、夫婦関係である間に浮気調査による浮気証拠を押さえておくことが大きな意味を成します。
 
もし、浮気調査によって浮気の事実が発覚しても夫婦関係を継続させようとする場合でも、再発防止のためには浮気相手と話をきっちりつける必要性もあります。
 
夫(妻)の浮気を感じたら、将来を見据えて選択肢を残すためにも、探偵による浮気調査を正しく行うことをおすすめいたします。
 
~浮気調査なら、浮気調査専門の探偵まで まずはご相談ください!~

浮気調査キャンペーンを実施中です

浮気調査のキャンペーンを令和6年5月27日まで行っています。

ご相談専用0120-866-867